数を覚えられる知育おもちゃ「チクタク壁掛け時計」100円ショップの材料で作る手作りおもちゃ

数を覚えられる知育おもちゃ「チクタク壁掛け時計」100円ショップの材料で作る手作りおもちゃ
数を覚えられる知育おもちゃ「チクタク壁掛け時計」100円ショップの材料で作る手作りおもちゃ
数や時間を覚えることも出来る手作りおもちゃ「チクタク壁掛け時計」です♪
子供と一緒に作るとシールを貼ったり、時計の針を動かすことで指先の訓練と集中力の向上につながります。

数を覚えられる知育おもちゃ「チクタク壁掛け時計」の準備物

  • 紙皿
  • ストロー
  • 丸シール
  • 段ボール(時計針用)
  • はさみ
  • カラーガムテープ・ビニールテープ
  • ペン
  • きり

数を覚えられる知育おもちゃ「チクタク壁掛け時計」を作ってみよう!

その1
数を覚えられる知育おもちゃ「チクタク壁掛け時計」100円ショップの材料で作る手作りおもちゃ
ダンボールで時計の長針・短針を作る。
その2
数を覚えられる知育おもちゃ「チクタク壁掛け時計」100円ショップの材料で作る手作りおもちゃ
ストローで針の軸を作ります。
まずストローを2cmに切り、両端に切込みを入れます。
後ほど写真下のように開いて使うので、7~8mmずつ程入れてください。
*ストローは細めを使用しましたが、より細い方が時計の針が回りやすいです。
(某乳酸菌飲料のストローがベスト!)
その3
数を覚えられる知育おもちゃ「チクタク壁掛け時計」100円ショップの材料で作る手作りおもちゃ
紙皿の中心とその1で作った長針・短針にきりで穴を開けます。
*危険ですので必ず大人が作業しましょう。
その4
数を覚えられる知育おもちゃ「チクタク壁掛け時計」100円ショップの材料で作る手作りおもちゃ
その2で作ったストローを紙皿の穴と長針・短針の穴に通し、切込みを入れた部分を開いて紙皿裏側部分をビニールテープで固定する。
その5
数を覚えられる知育おもちゃ「チクタク壁掛け時計」100円ショップの材料で作る手作りおもちゃ
シールに1~12までの数字を書きます。
*数字が書ける子には書いてもらいましょう。
その6
数を覚えられる知育おもちゃ「チクタク壁掛け時計」100円ショップの材料で作る手作りおもちゃ
紙皿にシールを貼って完成です!
*あらかじめ紙皿に数字シールを貼る位置に丸印を書いておいて、それに合わせて貼ってもらいましょう。
今回は5歳児に数字を書いてシールを貼ってもらいました。

数を覚えられる知育おもちゃ「チクタク壁掛け時計」で遊んでみました!

数を覚えられる知育おもちゃ「チクタク壁掛け時計」100円ショップの材料で作る手作りおもちゃ
大きい子は数字を書いたり、シールを貼ったり一緒に作ることが嬉しかったようです。
時計が読めると自分で「何時」と針を動かして遊んだり、大人が「今何時?」と聞いて本物の時計を見ながら合わせたり、「3時に合わせて」と針を3時にしたり、時間やや時計の学習にもなります。
小さい子は数字を読んだり覚えたり、針をクルクル回したり、長針と短針を別々にいろんな数字に合わせたりと時間が分からなくても十分に遊べます。
数字の学習は指先の訓練にもなります。
「1,2,3…」と読める子に合わせて、読めない子も一緒に「1,2,3…」と言っていました。
シールの色を3色にしたので「みどり」「あか」と色を言ったり、逆に子どもから「これは?」と質問したりして数字と色に興味を持った様子でした。
最初は長針と短針を一緒に回していましたが、別々で動くことが分かってくると、両手を使って長針と短針を別々に動かしていました。
普段あまり集中が出来ない小さい子でも集中していました。
数を覚えられる知育おもちゃ「チクタク壁掛け時計」100円ショップの材料で作る手作りおもちゃ

保育所 にじいろランド四日市園 監修