牛乳パックを使って作る「パッチンひっくりカエル」廃材を使った手作りおもちゃ【牛乳パック工作】

牛乳パックを使って作る「パッチンひっくりカエル」廃材を使った手作りおもちゃ
今回は一人で遊んでも楽しい♪
牛乳パックを使った手作りおもちゃ「パッチンひっくりカエル」をご紹介します。
ぴょーんと飛ぶ姿に子ども達も大興奮☆
簡単な仕掛けなので、ぜひ作ってみてくださいね。

牛乳パックを使って作る「パッチンひっくりカエル」の準備物

牛乳パックを使って作る「パッチンひっくりカエル」廃材を使った手作りおもちゃ
  • 牛乳パック
  • 輪ゴム
  • ハサミ
  • カラーペン(油性マジック)
子どもに装飾してもらう場合はシールなども用意しておくのがオススメです。

牛乳パックを使って作る「パッチンひっくりカエル」の作り方

その1

牛乳パックを使って作る「パッチンひっくりカエル」廃材を使った手作りおもちゃ

牛乳パックを縦12cm、横7cmで切ります。
牛乳パック側面の幅がちょうど7cmなので、折り目に沿って切りましょう。
1個の牛乳パックから4個作れます。
その2

牛乳パックを使って作る「パッチンひっくりカエル」廃材を使った手作りおもちゃ

切った牛乳パックを半分にしっかりと折り、上から1.5cmくらいの所に左右から1cmほどの切込みを入れます。
反対側も同様に切込みを入れます。
仕掛けの基である、輪ゴムを引っ掛ける部分になります。
切込みが浅すぎると輪ゴムが外れてしまうので気を付けましょう。
その3

牛乳パックを使って作る「パッチンひっくりカエル」廃材を使った手作りおもちゃ

牛乳パックの片方にカエルの顔や模様を描きます。
おてつだいポイント!
お絵描きが大好きな子には、自分で描かせてあげると◎
油性ペンを直接使わせるのが不安な場合は、シールをペタペタ貼って装飾すればOK♪
子どもにも参加させてあげることで、より一層おもちゃへの興味が高まります。
その4

牛乳パックを使って作る「パッチンひっくりカエル」廃材を使った手作りおもちゃ

片方の切込みに輪ゴムを付け、1度ねじってもう片方の切込みにつけたら完成!
反対折りにひっくり返して離すと「パチン!」とジャンプします。

牛乳パックを使って作る「パッチンひっくりカエル」で遊んでみました

牛乳パックを使って作る「パッチンひっくりカエル」廃材を使った手作りおもちゃ

カエルがパチンと跳んでいくと子ども達は「キャー!」と大喜びしていました。
お友達と一緒に遊ぶ時は、どちらが先に飛ぶが気にしながら遊んでいました。
折り目がつきすぎると飛ばないことがあるので、折り目の所にテープを貼って補強するとさらに良いと思います。

ゴムが手に当たると痛い場合もあるので、遊ぶ時は気を付けて一緒に遊んでくださいね。
裏面にも絵を描いたり、ゴムをカラフルな色の物に変えると見た目が華やかに♪
自分好みに色々アレンジして作ってみてください☆

にじいろランドnote園
編集部