しらすでカルシウムたっぷり「ふわとろだし玉子丼」幼児食・離乳食(パクパク期・カミカミ期)【給食メニュー】

しらすでカルシウムたっぷり「ふわとろだし玉子丼」幼児食・離乳食(パクパク期・カミカミ期)【給食メニュー】

しらすでカルシウムたっぷり「ふわとろだし玉子丼」の材料

しらすでカルシウムたっぷり「ふわとろだし玉子丼」幼児食・離乳食(パクパク期・カミカミ期)【給食メニュー】

  • 卵 4個
  • サラダ油 大さじ1
  • かつお節 適量

<A>

  • めんつゆ(濃縮2倍) 大さじ1
  • 水 大さじ1
  • ねぎ(小口切り) 適量
  • しらす 40~50g
すごく簡単でパパっと栄養満点どんぶりご飯。
めんつゆでだし巻き卵風に味付けしたふわとろ卵をご飯に乗せたら、あとはトッピングするだけ♪
しらすが入っているのでカルシウムたっぷり!
優しい味付けなので離乳食にも最適です。
今回は大人2人分の材料となっています。

しらすでカルシウムたっぷり「ふわとろだし玉子丼」の作り方

  1. ボウルに卵を入れて溶きほぐし、Aを加えて混ぜる。
    しらすでカルシウムたっぷり「ふわとろだし玉子丼」幼児食・離乳食(パクパク期・カミカミ期)【給食メニュー】
  2. フライパンにサラダ油を入れて中火で熱し、①の半量を流し入れて大きく混ぜる。
    しらすでカルシウムたっぷり「ふわとろだし玉子丼」幼児食・離乳食(パクパク期・カミカミ期)【給食メニュー】
  3. 半熟になったら器に盛ったご飯の上に乗せ、かつお節をトッピングして出来上がり!
    残った半量でもう一人分作れます。
    しらすでカルシウムたっぷり「ふわとろだし玉子丼」幼児食・離乳食(パクパク期・カミカミ期)【給食メニュー】
小ねぎを枝豆やきぬさやに変えても◎
トッピングに大根おろしを乗せると大人の味に早変わり♪
Aに納豆を入れても美味しいです。
離乳食、幼児食の場合は、卵は半熟ではなくしっかり火を通してくださいね。

しらすでカルシウムたっぷり「ふわとろだし玉子丼」をパクパク食べよう!

しらすでカルシウムたっぷり「ふわとろだし玉子丼」幼児食・離乳食(パクパク期・カミカミ期)【給食メニュー】

子ども達は卵が大好き♪「たまごー!」と喜んで食べています。
中にしらすが入っているのを見つけると「おさかなー!」と手でつかんでじっと眺めたり、しらす探しを始めたりと、しらすに興味津々でした。
しらすにはカルシウムや脳神経・脳細胞の再生を促す効果があるビタミンB12が多く含まれており、子どもにはもってこいの食材です♪
離乳食にする場合は、湯通しするなど塩分を落としてから調理してくださいね。

保育所 にじいろランド四日市園 監修