ぞうくんのあめふりさんぽ/なかの ひろたか 作・絵(福音館書店):にじにゃんの絵本レビュー

ぞうくんのあめふりさんぽ-にじいろランドnote園
ぞうくんのあめふりさんぽ-にじいろランドnote園
「ぞうくんのあめふりさんぽ」
(こどものとも傑作集)
作:なかのひろたか
出版社:福音館書店
読んであげるなら3歳から
自分で読むなら小学校初級むき
2006年5月20日初版
ジャンル:絵本 31ページ
サイズ:27×20cm
定価:本体900円+税

「ぞうくんのあめふりさんぽ」あらすじ
今日は雨降り。それでもぞうくんはごきげん。
かばくんを散歩に誘うと、お池の中ならいいよ、と言われ、2匹は池の中を歩き出します。
ところがお池はだんだん深くなって、泳げないぞうくんは困ってしまいます。
するとかばくんがぞうくんを背中に乗せてくれたのですが、進んでいくとまたまたお池は深くなって……。
ご存じ『ぞうくんのさんぽ』の36年ぶりの続編です。簡潔な文章と抑えた表現の絵が、子どもたちの想像力をふくらませます。

福音館書店公式サイトより

「ぞうくんのあめふりさんぽ」ってどんなお話?

にじいろランドnote園 えほん担当 みいらんにじいろランドnote園
えほん担当 にじにゃん
最近、大人の言うことが少しずつ分かってきたなと思ったら、ちょっとストーリー性のある読み聞かせ絵本の出番よ。
とは言っても、まずはどのあたりから始めればよいのか分かんないわよね。
子どもって自分が知っている物が絵本に出てくると、嬉しさのあまり声を出したりさらに興味を持ったりするの。
子ども達が大好きな動物たちが出てくる「ぞうくんのあめふりさんぽ」はそんな読み聞かせデビューにピッタリ。
きっと興味を持ってくれるわ♡
保育園で実際に読んでみた様子

「ぞうくんのあめふりさんぽ」(こどものとも傑作集)作:なかのひろたか出版社:福音館書店読んであげるなら3歳から自分で読むなら小学校初級むき2006年5月20日初版ジャンル:絵本 31ページ […]

ぞうくんのあめふりさんぽ-にじいろランドnote園

「ぞうくんのあめふりさんぽ」は子どもが大好きな動物が主役!

にじいろランドnote園 えほん担当 みいらん
子どもに人気の動物って何だと思う?
残念ながら猫じゃないのよ。

夏休みやゴールデンウィークなどの長期休暇のお出かけに、動物園は大人気
そんな動物園での子ども人気ランキングがこちら。

1位 ゾウ
2位 パンダ
3位 キリン

ベネッセより

「ぞうくんのあめふりさんぽ」ゾウのイメージ画像

大きな体に長い鼻、童謡でも親しみが深いゾウが一番人気!
子ども達が動きを真似したり鳴き声を真似したりして遊ぶ姿をよく見ますよね。
動物園でしか見られないけれど、子ども達にとっては身近な存在のようです。

今回ご紹介する「ぞうくんのあめふりさんぽ」は、タイトルの通り、雨の日にぞうくんがお散歩をしに行くお話です。
ゾウ・雨・お散歩といった、子ども達に身近なワードがあることで、まず興味を持ってもらいやすい一冊となっています。

デフォルメされた丸みのあるフォルム

「ぞうくんのあめふりさんぽ」に出てくる動物たちは、みんな丸みのあるフォルムにデフォルメされています。
それがとっても愛らしいのですが、作者のなかのひろたかさんが福音館書店のインタビューでこう答えていらっしゃいます。

この場合は、デフォルメがうまくいったんじゃないかな。
考えてみたら、これで「かば」はないよね。
口半分で胴半分なんてかば、いないもの(笑)。
でも、この絵を見たら、他の動物の名前はいわない、やっぱりかばっていうでしょう。

福音館出版ブログより

「ぞうくんのあめふりさんぽ」に出てくるかばくんのイメージ図

「ぞうくんのあめふりさんぽ」に登場する動物たちは実物と比べると明らかに違う
ですが、しっかりと特徴はつかまれていて、ひと目で何の動物か分かります
デフォルメされた作画が、実物の動物よりも可愛らしく、ほのぼのとした雰囲気で溢れています。

「ぞうくんのあめふりさんぽ」から感じること

「ぞうくんのあめふりさんぽ」の1ページ目で描かれる「きょうはあめふり。ぞうくんはごきげん。」
雨といえば、人間にとってはあまり嬉しくない方も多いのではないでしょうか?

疑問を感じる子ども
どうして雨だとゾウはご機嫌なんだろう?
にじいろランドnote園 えほん担当 みいらん
ゾウさんは水浴びが大好きなのよ♪
長いお鼻でたくさん水を吸い上げて、体にザブンザブンとかけるの。
雨降りもゾウさんにとっては自然のシャワー。
だから雨の日でもご機嫌♪
アタシは水に濡れるのちょっと苦手だけど…

ちょっとした疑問から会話を広げるきっかけになり、子ども達にも新しい興味が生まれることになります。
絵本を見て、実際のゾウの動画などを見てみるのも楽しいかもしれませんね。

苦手克服のきっかけは日常の中にあるということ

「ぞうくんのあめふりさんぽ」では読み進めていくうちに、泳げなかったはずのぞうくんが泳げるようになるのです。
それはちょっとしたきっかけ。
最後には泳ぎが得意な仲間たちと一緒に楽しく池で遊びます

最初から出来ないと諦めてしまっていることも、ちょっとしたきっかけで出来るようになるかもしれない。
出来るようになったら、今よりもっと楽しくなるよ。
「ぞうくんのあめふりさんぽ」はそんなメッセージが込められている作品だと思います。

にじいろランドnote園
編集部