【動物の絵本】雨の日が楽しくなる絵本「ぞうくんのあめふりさんぽ」

ぞうくんのあめふりさんぽ-にじいろランドnote園

ぞうくんのあめふりさんぽ-にじいろランドnote園

「ぞうくんのあめふりさんぽ」
(こどものとも傑作集)
作:なかのひろたか
出版社:福音館書店
読んであげるなら3歳から
自分で読むなら小学校初級むき
2006年5月20日初版
ジャンル:絵本 31ページ

ゆか先生-にじいろランドnote園ゆか先生

「ぞうくんのあめふりさんぽ」はぞうくんが雨の日に散歩に出かけるところから始まります。
散歩中に大きな池で立ち止まったぞうくん。
泳げないぞうくんは色々な動物に出会い、出会った動物の背中にどんどん乗せてもらいながら池を渡っていきます。
そうすると最後にはどうなるか…が特に子どもたちも盛り上がるポイントです。

あらすじ

今日は雨降り。それでもぞうくんはごきげん。
かばくんを散歩に誘うと、お池の中ならいいよ、と言われ、2匹は池の中を歩き出します。
ところがお池はだんだん深くなって、泳げないぞうくんは困ってしまいます。
するとかばくんがぞうくんを背中に乗せてくれたのですが、進んでいくとまたまたお池は深くなって……。
ご存じ『ぞうくんのさんぽ』の36年ぶりの続編です。簡潔な文章と抑えた表現の絵が、子どもたちの想像力をふくらませます。

福音館書店公式サイトより

にじにゃんのレビュー

「ぞうくんのあめふりさんぽ」(こどものとも傑作集)作:なかのひろたか出版社:福音館書店読んであげるなら3歳から自分で読むなら小学校初級むき2006年5月20日初版ジャンル:絵本 31ページ[…]

ぞうくんのあめふりさんぽ-にじいろランドnote園

ぞうくんのあめふりさんぽを読み聞かせしてみた反応は?

「ぞうくんのあめふりさんぽ」は雨の日のお話です。
雨の日だとマイナスなイメージを思い浮かべてしまう方が多いと思いますが、「ぞうくんのあめふりさんぽ」を読むと雨の日も楽しくなり、雨の日思わずに外へ出て遊びたくなるような絵本になっています。
初めのページをめくると、子どもたちは「雨!」「雨降ってる!」と興味津々で見てくれます。
「ぞうくんのあめふりさんぽ」は同じ様な言葉が使われることが多いので子どもたちも覚えやすく、何度も繰り返し読んでいると、こちらからの問いかけに答えてくれる子が多いです。
かばくんが池からひょこっと顔を出している場面では、私が「なんか見えてるよ!これは何かな~?」「何の動物さんかな?」と子どもたちに問い掛けると、初めて絵本を見る子でも、表紙に描かれていたからか「あ、かばだ!」「さっきも見たよ!」と言う子が多く、喜んでいる姿が見られました。

ぞうくんのあめふりさんぽにはたくさんの動物が登場!

まず登場するのは、「ぞうくんのあめふりさんぽ」の主人公であるぞうくんです。
ぞうくんが泳げないという事で、次に出てきたお友だちのかばくんが、ぞうくんを背中に乗せてくれます。
子どもたちは「ぞうさん泳げないの!?」と、ぞうは泳げるイメージを持つ子がびっくりしたり、「カバくんが重たそう!」と心配したりする子がいました。
その次にやってきたのはわにくんです。
わにくんも表紙に描いてあったので、「わにだ!」とすぐ分かる子が多かったです。
「ぞうくんのあめふりさんぽ」の中で、かばくんもわにくんも「ぼくはおいけのなかではちからもち」というセリフが何度か出てきます。
体の大きさで言うとぞうくんの方が大きく感じますが、水の中ではかばくんわにくんが大活躍。
絵をよく見ると、話が進んでいく度に、池に雨がどんどん溜まっていくのが分かります。
ぞうくんの顔に注目すると、池の水かさがどんどん増えていくのを心配そうな表情で見ています。
ですが、かばくんとわにくんは全然平気そうな顔をしているので、みんなの表情の違いにも注目です。

最後に登場するのは小さな小さなかめくんですが…

そして次にやってきたのは、なんとかめくんです。
かめくんはとっても体が小さいのに、ぞうくんが泳げないという事を聞くと、乗せてあげると言ってくれます。
そんなかめくんの登場に、子どもたちは「かめくんには無理だよ!」「小さいじゃん!」「ぞうくんの上に乗るの?」と驚きの声や色々な展開を予想する声が聞こえてきました。
一つページをめくると、かめくんの上にわにくんが、わにくんの上にかばくんが、かば君の上にぞうくんが乗っている場面になります。
その場面も見て子供たちからは「ぐらぐらしてるよ」「大丈夫かなあ?」「危ないよ」という声が沢山聞こえました。

ぞうくんの成長に子供たちも大喜び!

かめくんがみんなを背中に乗せ、ぐらぐらしながら池の中を進んでいきます。
そしてかめくんがお決まりのセリフ「ぼくはおいけのなかではちからもち」と言おうとしたその時!
みんなが心配していた事が起こってしまいます。
どっしーん!!と大きな音を立てて、みんながかめくんの背中から落ちてしまうのです。
この場面に一番子どもたちは笑っていました。
私もここのページを読むときは本の位置を、どっしーんという言葉と同じように大袈裟に上から下に動かし、自分なりに表現を工夫して読みました。
ぞうくんだけがぷかーっと上に浮いていき、浮かんでいるぞうくんの姿をほかの動物たちが温かい目で見守っている姿にとても心温まり、可愛いです。
ぞうくんが泳げる場面に子どもたちは大喜びでした。
最後には皆で水遊びを楽しんでいる姿が。
雨の日も楽しくなる要素がいっぱいつまった素敵な絵本です!

にじにゃんのレビュー

「ぞうくんのあめふりさんぽ」(こどものとも傑作集)作:なかのひろたか出版社:福音館書店読んであげるなら3歳から自分で読むなら小学校初級むき2006年5月20日初版ジャンル:絵本 31ページ[…]

ぞうくんのあめふりさんぽ-にじいろランドnote園

にじいろランドnote園
編集部