【果物の絵本】初めての仕掛け絵本にオススメ「くだものさん」

絵本の読み聞かせの様子

 

「くだものさん」
(PETIT POOKA)
作:tupera tupera
出版社:学研プラス
0~3歳向き
2010年07月22日初版
ジャンル:絵本 38ページ

ゆか先生-にじいろランドnote園ゆか先生

くだものさんは子どもたちも大好きな仕掛け絵本です。

表紙から色合いがはっきりしていて、顔も描かれているので「何の絵本?」「りんごだ!」とすごく興味を持ってもらえました。

くだものさんを読み聞かせしてみた反応は?

「くだものさん」は題名通り、色々な果物がたくさん出てきます
果物だけではなく、一緒に木や葉も描かれており、それぞれの果物によってこの果物はこんな形をしているのかと知ることができるので、私も勉強になりました。
最初にかごを持った女の人が登場し、最後のページでは絵本の中に次々と出てくる果物が全部かごに入っている絵が描かれています。
ストーリーに繋がりがあり子どもたちにも分かりやすいことも、面白さのポイントです。

「くりは果物なの?」子ども達のなぜ?なに?が生まれる絵本

「くだものさん」に登場する果物は表情がそれぞれ違うので、それも子どもたちが食い付くポイントになっています。
「ぶどう」や「さくらんぼ」が出てきた時は、一粒一粒顔が描いてあるので、子どもたちからは「いっぱい顔がある!」「みんな同じ顔してる!」などと驚きの声が聞こえてきました。
そして次に出てくるのは「くり」です。
子ども達にとって「くり」は果物のイメージがないらしく「なんでくりなの?」「くりは果物じゃないよ!」などという子が結構いました。
子ども達のイメージ通りな果物ばかりでなく、意外に果物とは知られていないものを交える事によって子どもにも知識が身に付き、楽しく学べる絵本であると思いました。
途中ひっかけ問題もあり、何の果物かと思ってめくると、リスが出てきます。
すると子どもたちは「えー!」「なんで動物!?」と驚いたり、不思議そうな顔を浮かべていました。
ページをめくる前は私が「次は何の果物かな~?」と子どもたちに質問を投げかけると、「茶色だから、またくりなんじゃない?」と色から想像する子もいれば、まだ出てこない果物を言う子がいたり、難しくて「分からない」という子もいて、様々な意見が飛び交っていました。

次々に出てくるくだものさんに子ども達も興味津々!

「くだものさん」は全部表情が違います。
柿はおじいさんの顔、桃はお化粧をした女の人のような顔、レモンは酸っぱい顔などなど、何の果物が出てくるかでなく、どんな表情をしているのか予想できる楽しさもあります。
大人も子どもたちも、それぞれの果物に対してイメージがあると思いますが、そのイメージ通りの表情で現れるくだものさん達を見て、子どもたちは面白がっていました。
最後に出てくる果物はさくらんぼです。
実際のさくらんぼは茎が二つか三つほどつながっているのが特徴ですよね。
それがまさにそのまま描かれていて、1つだけのさくらんぼもいれば、2つつながっていたり、3つつながっているさくらんぼもあります。
それを見て子どもたちは「いっぱいさくらんぼがいる!」「あ、ちょうちょもいる!」と笑顔になっていました。

読み進めていくうちに子ども達も一緒に参加してくれます

「くだものさん」は同じ様な文章の繰り返しになっています。
ページをめくるたびに「くだものさん くだものさん だあれ」で始まります。
最初は見ているだけだった子ども達も、私が「じゃあみんなで一緒に言ってみよっか」と言うと「くだものさん くだものさん だあれ」と一緒に言ってくれるようになりました。
仕掛け部分をめくる前は何が出てくるか一緒に考え「先生はいちごだと思うんだけど…」とわざと違う果物を言ってみたりすることで、会話のやり取りを楽しみながら、工夫して読んでいます。
そして、毎回「ぽろりん ぽろりん 〇〇さん」という文章で果物が収穫されている様子が分かるのですが、最後のさくらんぼさんの時は「ぽろぽろぽろりん さくらんぼさん」と言葉が変わっています。
小さなさくらんぼが、いっぱい収穫されている事がよく分かり、子どもたちでも分かりやすく伝わります。
果物の名前を知ることができるだけでなく、実際どんな風に実がなるのか、葉っぱはどんな形なのかといったことも知ることができるとても素敵な絵本です。

にじいろランド四日市園
保育士 ゆか先生
にじいろランド四日市園 保育士 ゆか先生-にじいろランドnote園
ゆか先生

子ども達の元気に遊ぶ姿やニコニコの可愛い笑顔が大好きです。
にじいろランドの子ども達は毎日元気いっぱい!
そんな元気いっぱいの子どもたちが毎日ケガ無く過ごし、パパやママにも安心して預けていただけるような保育をしていきます。
子ども達の大事な成長を見逃さないために、ご家庭との共有を心掛けながら、みんなと楽しく一緒に毎日を過ごしていきたいと思います。

絵本の読み聞かせの様子
最新情報をチェックしよう!