【食べ物の絵本】みんな大好きカレーライスの絵本「カレーライス」作:小西英子 |福音館書店

【食べ物の絵本】みんな大好きカレーライスの絵本「カレーライス」作:小西英子 |福音館書店

「カレーライス」
作:小西英子
出版社:福音館書店
2016年09月15日初版
ジャンル:絵本 24ページ

にじいろランド四日市園 保育士 ゆか先生-にじいろランドnote園にじいろランド四日市園
保育士 ゆか先生

給食でいつもピカピカに食べてくれているほど、子ども達が大好きな料理のひとつでもある「カレーライス」
私が「今日は何のお話かな?」と言って表紙を見せただけで、子ども達は「あ!カレーライスだ!」「カレーライス!おいしそう!」とすぐ食い付いてくれました。
またこの絵本を読む前に、カレーライスの手遊びをしたので、さらに興味を持ってくれたようで、どんな食材が出てくるのかといったことも、子ども達は前もって分かっていたようです。
「カレーライス」を読む前に、カレーライスの手遊びをするとより一層楽しめ、子ども達も興味を持って、絵本の世界に入り込めると思うのでオススメです。

にじいろランドnote園 えほん担当 みいらん
にじにゃん
カレーライス、アタシも大好きよー!
一番好きなのはエビやイカがいーっぱい入ったシーフードカレーなんだけど、ポークもビーフもチキンも大好き♡
でも熱いのは苦手だから、早く食べたいのになかなか食べられないのが歯がゆいわぁ…。

内容紹介

「カレーライス、さあ、つくろう!」
野菜と肉を切って、「おなべで おにくを いためます ジャー ジャー ジャー」「やさいも いれて いためます ジュー ジュー ジュー」。
テンポ良い擬音が調理している臨場感を盛り上げます。
水を入れてじっくり煮込み、ルーを入れてまた煮込み……、「わあ、できた! いいにおい!」
あつあつごはんにカレーをかけて、カレーライスのできあがり。
丁寧に描かれた美しい絵から、本当にカレーの匂いがしてきそう!

福音館書店公式サイトより

「カレーライス」に描かれるリアルな食材たち

【食べ物の絵本】みんな大好きカレーライスの絵本「カレーライス」作:小西英子 |福音館書店

「カレーライス」のページを開くと、たくさんの食材がリアルに描かれています
子供向きの絵本であるにも関わらず、大人が見ても本物だと思うような細かく色鮮やかな描写。
食材もカレーライスに入っているような切ってある状態ではなく、そのままのお店で買った状態なのです。
野菜がそのまま描いてあるおかげで、子ども達も「見たことある!」「たまねぎだ!」と気付くことができました。
絵本で材料を見ることで、お母さんと一緒にお買い物に行った時に同じものだと分かるきっかけになり、学べる絵本だと思いました。

にじいろランドnote園 えほん担当 みいらん
にじにゃん
一人でおつかいに行くようになったときにもカレーに何が必要なのか分かって勉強になるわね♪
お家でカレーを食べる時に、にんじんってどんな形?
なんていう話題作りにもピッタリね♡

実際の「カレーライス」を作る工程に沿った内容

【食べ物の絵本】みんな大好きカレーライスの絵本「カレーライス」作:小西英子 |福音館書店

次の場面では、「カレーライス」の食材が一口サイズに切られています。
「じゃあ皆も切ってみようか」と言って「トントントン…」と包丁で食材を着る真似をすると、子ども達も真似して「トントントン…」と一緒にやってくれました
「もうこれで食べられるかな?」「まだお肉赤いまんまだね」などと言って次の場面につなげます。
ページをめくり「次はお肉とか野菜を炒めないと」と言って、片手でお鍋の形を作り、もう一方の手で炒める真似をすると、子ども達も一緒に「ジャージャージャー」と真似する姿が。
肉を入れてから野菜を入れる場面が分かれていて、実際に「カレーライス」を作る時の手順と一緒なので、子ども達にも分かりやすいと思いました。

にじいろランドnote園 えほん担当 みいらん
にじにゃん
絵本を見てたら自分でもカレーが作れそうな気がしてきたわ♪
この機会にお家でお手伝いしてみようかしら♡
自分で作ったカレー、美味しそう…ジュル。

「カレーライス」にチョコレート!?

【食べ物の絵本】みんな大好きカレーライスの絵本「カレーライス」作:小西英子 |福音館書店

「カレーライス」の具材を煮るシーンでは「コトコトコト…」と言いながら、本当に煮ているかのように絵本を揺らして読んでみました
すると、子どもたちも真似して「コトコトコト…」と言ったり「グツグツしてるね」「まだかな?」と、出来上がるのが待ち遠しい様子。
「もう出来たかな?」と言ってページをめくると、最後の食材「カレールー」が出てきます。
子どもたちに「これ何かな?」と聞くと「チョコレート?」と言う子がいて思わず笑ってしまいました。
色も形も確かにチョコレートと似ていて、言われてみればそう見えるなあと、子どもたちの素直な発想に感心しました。
「これ入れないとカレー出来ないもんね」「次はもう完成かな?」と子どもたちと一緒になってワクワクして次の展開を待ちます。

にじいろランドnote園 えほん担当 みいらん
にじにゃん
確かにカレールーってちょっと大きな板チョコレートみたいよね!
色も似てるし、間違って食べたら大変ね(笑)
子ども達の発想って、ほんとにおもしろいわぁ♡

美味しそうな「カレーライス」が完成!

【食べ物の絵本】みんな大好きカレーライスの絵本「カレーライス」作:小西英子 |福音館書店

ページをめくると、ついに美味しそうなカレーが完成!
子ども達は「わー!カレーだ!」「美味しそう!」ととっても大喜びです!
ページをめくる時に「もう出来たかな?」「まだかな?」と繰り返して、子ども達がよりワクワクできるように、ちょっと焦らしてみたのも良かったかもしれません。
最後はご飯の上にカレーをかけて「カレーライス」の完成です。
「みんな上手にカレー作れたかな?」「じゃあ、みんなも一緒に食べよっか」と呼びかけ、絵本の言葉と同じように皆で「いただきまーす!!」。
子ども達一人一人の近くに行き、どうぞと配ってみんなで食べる真似をしました。
「あむあむあむ~」「美味しい~!」と言う子や、「辛い?」と聞くと「から~い!」と言う子も。
子どもたちによって反応が様々で面白かったです。

にじいろランドnote園 えほん担当 みいらん
にじにゃん
ついにカレーライスの完成ね!
食べる真似をしてたら、ほんとにカレーライスが食べたくなっちゃった。
もう頭の中はカレーでいっぱいよ。今日は焼き魚の予定なのに、どうしてくれるの!

一緒に「カレーライス」を楽しめる絵本

【食べ物の絵本】みんな大好きカレーライスの絵本「カレーライス」作:小西英子 |福音館書店

最後のページでは「カレーライス」だけでなく、サラダの絵や飲み物も描かれていて、本当に食べた気分になれました。
カレーライスは湯気が立っていて熱いのが伝わるし、本当にリアルに描かれているので、思わずカレーが食べたくなってしまう絵本です。
読み聞かせ中、子ども達とのやり取りも楽しく、カレーが出来るまでの調理工程が子ども達にも分かりやすいので、一緒に作っている気分にもなれます。
月齢が低くても食べ物が出てくるだけで喜ぶ子がいたりして、何歳でも楽しめる絵本になっています。

にじいろランドnote園 えほん担当 みいらん
にじにゃん
完全にアタシの脳内はカレーライスに占領されてしまったわ…。
今日から1週間ずっとカレーライスでもいいくらいよ。
この本を読む時は、晩御飯がカレーライスに決まっている日にした方がいいわ。
脳内がカレーライス状態になってるのに違うメニューが出てきたら、つい落ち込んじゃいそうだもの…。
にじいろランド四日市園
保育士 ゆか先生
にじいろランド四日市園 保育士 ゆか先生-にじいろランドnote園
ゆか先生

子ども達の元気に遊ぶ姿やニコニコの可愛い笑顔が大好きです。
にじいろランドの子ども達は毎日元気いっぱい!
そんな元気いっぱいの子どもたちが毎日ケガ無く過ごし、パパやママにも安心して預けていただけるような保育をしていきます。
子ども達の大事な成長を見逃さないために、ご家庭との共有を心掛けながら、みんなと楽しく一緒に毎日を過ごしていきたいと思います。

にじいろランドnote園
えほん担当 にじにゃん
にじいろランドnote園 えほん担当 みいらん
にじにゃん

アタシはにじいろランドnote園でえほんを担当しているにじにゃん。
お日さまの下でひなたぼっこしながら読む絵本は最高よね。
特に食べ物の絵本は大好き♪
今日のゴハンは何かしら♡なんて思い浮かべながら読むと楽しいの。
一緒にたくさん絵本を読んでいきましょうね☆

 

最新情報をチェックしよう!